日本文化と英語表記

i_name

突然ですが質問です。
あなたは名前の英語表記、どのように書いていますか?

山田太郎
Yamada Taro

違和感ありますか?

今の子どもたちは、学校で「英語も日本語同様「姓-名」で書く」と習うそうです。

「名-姓」で教わった私、最初に見た時には驚きました。
「これ、間違ってるんじゃないの?」と。

でも、よくよく考え

外国の方も日本だからといって「姓-名」にはならない。
「姓-名」が日本文化なのだから、「姓-名」で良いのでは?

そんなふうに思いました。

さて、なぜこんな質問をしたか。

実は最近、名刺の表記をどうしたらい良いかというご相談を受けたのでちょっと調べてみたのです。

すると英語表記について文部科学省では

・人類の持つ言語や文化の多様性を人類全体が意識し、生かしていくべきであるという立場から、一般的には各々の人名固有の形式が生きる形で紹介・記述されることが望ましいと考える。

・したがって、日本人の姓名については、ローマ字表記においても「姓―名」の順とすることが望ましい。

・今後、官公庁や報道機関等において、日本人の姓名をローマ字で表記する場合、並びに学校教育における英語等の指導においても、以上の趣旨が生かされることを希望する。
 (文部科学省HP【国際社会に対応する日本語の在り方】より抜粋)

という発表をしていることを発見しました。

明確な回答が出ていたんですね。

ちなみに表記方法としては

 従来の慣習に基づく誤解を防ぐために

 ・姓をすべて大文字とする(YAMADA Haruo)
 ・姓と名の間にコンマを打つ(Yamada,Haruo)

が望ましいそうです。

今後の名刺デザインにも変化が出てきそうですね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です